2016年9月19日(昼)敬老の日献立 患者用、職員用

今日は敬老の日です。長寿を祝いするお赤飯を主食に、患者様にとって好評であるお刺身を秋メニューから取り入れ、メインの主菜にし、副食は秋らしく、焼き茄子を取り入れ、行事献立を提供しました。

患者用

・お赤飯
・お刺身の盛り合わせ
・焼き茄子
・味噌汁(豆腐、ねぎ)
・紅白ゼリー

e2016091901.jpg
e2016091902.jpg
キザミ
e2016091903.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
482Kcal 21.8g 8.3g 3.2g

職員用

e2016091904.jpg
職員用献立

行事食の単体品として、栄養士学科の実習生が作成したメッセージカードを添えて、紅白ゼリーを提供

いちごの赤いゼリーとミルクの白いゼリーの二つのゼリーの上に、ホイップクリームをトッピングして見た目も可愛いらしくなっています。また、高齢者に配慮してカルシウムが配合してあります。

毎年、この時期には栄養士学科の生徒さんが校外実習に来ており、栄養士業務や調理場に入って厨房作業をしています。勉強の一環として敬老の日に間に合うよう今年もメッセージカードを作成してもらいました。

2人で協力しながら真心をこめてお年寄りを敬う気持ちで作成し、今年は協力して真心こめて鶴を折り、飾りにリボンをつけて可愛らしいメッセージカードに仕上げてもらいました。

e2016091905.jpg
紅白ゼリーとメッセージカード

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
55.4Kcal 0.5g 1.0g Tr(極微量)

2015年3月21日(昼)春分の日献立 患者用

今日は春分の日です。国民の休日のひとつで、「自然をたたえ、生物をいつくしむ」ことを法定の趣旨として1948年に制定されました。春分の日を中心に、前3日、後ろ3日を合わせた7日間を春のお彼岸と言い、寺に詣で、墓参りをして亡くなった人や先祖を供養します。春分の日は昼夜の時間が等しくこの日を境に次第に昼が長くなります。「暑さ寒さも彼岸まで」と言われるように気温が次第に上昇してきます。

わが施設でも、まだ寒い日が続き春の訪れにはまだ早いようですが、少しでも気分を味わって戴きたく、昼食時に、たけのこご飯、主皿には付け合せとして菜の花を提供し、春の季節を感じて戴きました。また、患者様には軟らかく仕上がっている「水ようかん」、職員には「ぼたもち」を提供しました。

常食の患者用

・たけのこご飯
・揚げ出し豆腐の大根おろしのせ
 付け合せ)菜の花、飾り人参
・ぜんまいの煮物
・キャベツと青ネギの味噌汁
・やわらか水ようかん

e2015032101.jpg

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
521Kcal 14.8g 9.9g 3.5g

全粥食からの患者用

・たけのこ粥
・信田煮
 付け合せ)菜の花、飾り人参
・ぜんまいの煮物
・キャベツと青ネギの味噌汁
・やわらか水ようかん

e2015032102.jpg
e2015032103.jpg
キザミ
e2015032104.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
423Kcal 14.1g 8.1g 4.2g

職員用

・たけのこご飯
・揚げ出し豆腐の大根おろしのせ
 付け合せ)菜の花、飾り人参
・ぜんまいの煮物
・キャベツと青ネギの味噌汁
・ぼたもち(つぶあん)

e2015032105.jpg
職員用献立

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
650Kcal 18.2g 10.8g 4.0g

2015年3月3日(昼)ひな祭り献立 患者用

今日はひな祭りです。日本のひな祭りのルーツは、3世紀前後の古代中国で行われていた風習に基づくといわれています。中国では、季節の変わり目は災いをもたらす邪気が入りやすいと考えられ、3月最初の巳の日=上巳(じょうみ)に水辺で禊(みそぎ)を行ったり、盃を水に流して自分のところに流れ着くまでに詩歌を読む「曲水の宴(きょくすいのうたげ)」を行う風習がありました。これがやがて遣唐使によって日本に伝えられ、禊(みそぎ)の神事と結びつきます。当初は、天子(天皇のこと)をお祓いするための儀式であったものでしたが、平安時代には宮中行事へと変化したといわれています。

わが施設でも、昼食に桜寿司、デザートにひな祭りゼリーを提供し、ひな祭り気分を味わって戴きました。

患者用

・桜ちらし寿司 菜の花をちらして
・えびサンドと根菜の炊き合わせ
・若竹汁
・ひな祭りゼリー

e2015030301.jpg
e2015030302.jpg
キザミ
e2015030303.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
611Kcal 11.2g 3.7g 2.4g

職員用

・桜ちらし寿司 菜の花をちらして
 付け合わせ)キザミのり、甘酢生姜
・松風焼き
 付け合せ)ブロッコリー
・えびサンドと根菜の炊き合わせ
・若竹汁
・桜のロールケーキ

e2015030304.jpg
職員用献立

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
726Kcal 24.7g 13.7g 4.5g

デザート

e2015030305.jpg
ひな祭りゼリー(患者用)
e2015030306.jpg

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
45Kcal Tr 0.0g Tr
e2015030307.jpg
桜ロールケーキ(職員用)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
67Kcal 1.1g 2.4g 0.1g

2015年2月3日(夕)節分献立 患者用

今日は節分です。節分はもともと四季の分かれ目を意味する言葉でしたが、現在では立春の前日をそう呼ぶようになりました。旧暦では立春が年の始まりと考えられており、節分はその前日、つまり、一年の最後の日であること、また、気候が冬から春に移り変わる時期であることから特別な意味を持つと考えられていたようです。節分の日には豆をまき、鬼を追い出す厄払いの風習は中国から伝わったとも言われています。

わが施設でも、少しでも節分の気分を味わってもらい、新たな年に向けて厄払いをしてもらう事をかねて、夕食に節分ボーロを喫食者全員に何らかのかたちで提供しました。

患者用

・ごはん
・豚肉と野菜の炒めもの
・白菜のクリーム煮
・コンソメスープ
・節分ボーロ

e2015020301.jpg
e2015020302.jpg
キザミ
e2015020303.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
580Kcal 21.9g 13.5g 3.1g

節分ボーロ

1袋16グラム。

e2015020304.jpg
節分ボーロ
エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
60Kcal 0.4g 0.3g Tr

2015年1月1日(昼)お正月献立 患者用、職員用

今日は元日・お正月です。一年の始まりに相応しくやや豪華に、華やかな献立を取り入れて、少しでもお正月気分を患者様に味わってもらうため提供しました。

患者用

・赤飯
・えびの塩焼き
 付け合せ)絵馬カマ、アスパラの土佐和え
・炊き合わせ(ひとくちゆば巾着、しいたけ、ふくませ麩、さやえんどう)
・梅羊かんと彩り羽子板
・清まし汁

e2015010101.jpg
e2015010102.jpg
キザミ
e2015010103.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
498Kcal 22.2g 5.4g 3.3g

職員用

・赤飯
・えびの塩焼き
 付け合せ)絵馬カマ、アスパラの土佐和え
・炊き合わせ(ひとくちゆば巾着、しいたけ、ふくませ麩、さやえんどう)
・雑煮風汁
・抹茶マロン

e2015010104.jpg
職員用献立

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
712Kcal 37.7g 10.0g 4.3g

2014年12月25日(昼)クリスマス献立 患者用

今日はクリスマスです。クリスマスは、イエス・キリストの誕生を祝う祭(降誕を記念する日)として12月25日に祝われています。諸外国では祝日にしているところも多くあるようですが日本ではまだ祝日の扱いにはなっていません。

わが施設では、12月20日にクリスマスバーティーが介護病棟で開催されましたが、食事の方面では、当日(25日)に、経口摂取されている患者の皆様に少しでもクリスマス気分を味わってもらうため、昼食においてクリスマスメニューを提供しました。

患者用

・ピラフ
・ミートローフ
 付け合せ)人参グラッセ、アスパラ
・卵サラダ
・ポテトスープ
・クリスマスデザート

e2014122501.jpg
e2014122502.jpg
キザミ
e2014122503.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
743Kcal 24.9g 29.1g 3.1g

デザート

e2014122504.jpg
クリスマスデザート
e2014122505.jpg

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
67Kcal 24.9g 0.2g 0g

2014年12月22日(夕) 冬至の献立 患者用

今日は冬至です。一年中で一番昼が短く、夜が一番長くなる日です。中国では古くから冬至節としてこれを祝う風習がありました。日本ではこの日に南瓜を食べる風習があります。南瓜はカンボジアから来た外来品なので珍しい野菜を祝の時に捧げた名残とも言われています。また疫鬼を祓うとして小豆を食べたり、邪気を祓い風邪をひかないように柚子湯に入る風習もあります。

わが施設でも、夕食の主菜のブリ大根には、風味づけのアクセントとして柚子を散らし、副菜に南瓜のいとこ煮を提供しました。

患者用

・ごはん
・ブリ大根 ゆずをのせて
 付け合せ)さやえんどう、花人参
・南瓜のいとこ煮(南瓜の小豆煮)
・枝豆そぼろ
・清まし汁

e2014122201.jpg
e2014122202.jpg
キザミ
e2014122203.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
594Kcal 26.9g 15.6g 2.1g

2014年11月5日 夕食の献立 患者用

本日の夕食は、わが施設でのオリジナル秋定番メニューを主菜に提供しました。

秋らしく栗の存在感をだし、鶏肉と栗をメインに根菜類やしいたけを加え煮込みました。調味料は、隠し味にオイスターソースを少々入れて風味を生かし、やや中華風の仕上げとなっています。ブロッコリーを散らし、彩りを整えました。

患者用

・ごはん
・鶏肉と栗の煮込み
 付け合せ)ブロッコリー
・小エビ入り野菜炒め
・漬物
・青梗菜ときくらげの中華スープ

e2014110501.jpg
e2014110502.jpg
キザミ
e2014110503.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
584Kcal 24.6g 10.5g 2.8g

2014年11月3日(昼)文化の日の日献立 患者用

今日は文化の日です。1948年に「自由と平和を愛し文化を進める」祝日として国民の祝日として施行されました。1946年に新憲法が公布されたことを記念して平和絵の意思を基盤とする文化を発展、拡大させようというのが趣旨だそうです。

わが施設では、この時期の季節がら楽しみにされている方もいるようですので、昼食時にレトルト食品ですが松茸を炊き込み、松茸ご飯を提供しました。

また、主菜はさんまの塩焼きとし、秋満載の雰囲気を楽しんでいただけるよう組み込んでみました。

患者用

・松茸ごはん
・さんまの塩焼き
 付け合せ)オクラ
・刻み昆布と竹輪の煮物
・漬物
・清まし汁

e2014110301.jpg
e2014110302.jpg
キザミ
e2014110303.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
606Kcal 25.0g 22.9g 3.7g
e2014110304.jpg
松茸ごはん

2014年10月13日(昼)体育の日の日献立 患者用

今日は体育の日です。1964年に開催された東京オリンピックを記念して、2年後の1966年より国民の祝日として施行されました。国民がスポーツに親しみ、健康な心身を培う事を趣旨として、体育の日をきっかけに一層の健康や体力の増進に努め、明るく住みよい社会を建設することを願って制定されたようです。

わが施設でも、体育の日にちなみ運動会をイメージし、秋らしく、栗ご飯を炊き込み、お弁当に持っていく時に喜ばれるような食事をメインに、ややボリューム感のある献立を作成して、昼食時に提供しました。

患者用

・栗ごはん
・盛り合わせ(焼売、卵焼き、ミートボール、花人参のグラッセ)
 付け合せ)ブロッコリー
・キャベツとツナのサラダ
・ポタージュ
・きなこのきなマンジェ(デザート)

e2014101301.jpg
e2014101302.jpg
キザミ
e2014101303.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
809Kcal 26.2g 27.0g 3.7g

デザート

きなこのきなマンジェ
デザートには、和風と洋風が融合された市販にはあまり見られない?珍しいデザートの「きなこのきなマンジェ」を提供してみました。

e2014101304.jpg
きなこのきなマンジェ
e2014101305.jpg

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
101Kcal 1.5g 6.0g 0.1g

2014年9月23日(昼)秋分の日の日献立 患者用、職員用

今日は秋分の日です。この祝日はもともと、祖先をうやまい、なくなった人々をしのぶことが趣旨とされています。秋分の日には、昼夜の長さがほぼ同じになるとされていますが、実際には、昼の方が夜よりも少しだけ長いそうです。

この日を境に徐々に気温がさがり、秋らしくなって来ると思われます。そんな秋分の日にちなみ、昼食時に秋らしく、きのこごはんを提供し、主菜には患者様に喜んでもらえる天ぷら、汁物には野菜をたっぷり入れて温まる豚汁を提供してみました。

患者用

・きのこごはん
・天ぷら
・野菜と大豆のふっくら煮
・昆布佃煮
・豚汁

e2014092301.jpg
e2014092302.jpg
キザミ
e2014092303.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
589Kcal 25.6g 11.2g 3.8g

職員用

・きのこごはん
・天ぷら
・野菜と大豆のふっくら煮
・昆布佃煮
・豚汁

e2014092304.jpg
職員用献立

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
669Kcal 28.2g 12.0g 4.9g

2014年9月8日(昼)敬老の日献立 患者用

今日は敬老の日です。多年にわたり社会に尽くしてきた老人を敬愛し、長寿を祝う事を趣旨として定たとされています

昼食時、敬老の日にちなみ、長寿を祝いするお赤飯を主食に、患者様にとって好評であるお刺身をメインに、秋らしく焼き茄子を副食に取り入れ、行事献立を提供しました。

患者用

・お赤飯
・お刺身の盛り合わせ
・焼き茄子
・味噌汁
・紅白ゼリー

e2014091501.jpg
e2014091502.jpg
キザミ
e2014091503.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
514Kcal 22.6g 8.8g 3.2g

デザート

行事食の単体品として、栄養士学科の実習生が作成したメッセージカードを添えて、紅白ゼリーを提供しました
紅白ゼリー
いちごの赤いゼリーとミルクの白いゼリーの2つのゼリーの上に、ホイップクリームをトッピングして見た目も可愛いらしくなっています。また、高齢者に配慮してカルシウムが配合してあります。

毎年、この時期には栄養士学科の生徒さんが校外実習に来ており、勉強の一環として敬老の日に間に合うようメッセージカードを作成してもらっています。今年は、協力して真心こめて鶴を折りメッセージカードに飾っています。

e2014091504.jpg
紅白ゼリー

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
55.4Kcal 0.5g 1.0g Tr(極微量)

2014年9月8日(昼)お月見の日献立 患者用、職員用

今日は中秋の名月、十五夜です。もともとお月見は、中国での宮廷行事として行われるようになり、それが奈良から平安時代の頃に日本に伝わったとされています。中国各地では月見の日に里芋を食べるのは、里芋の収穫時期であり、収穫祭でとしてお月見を行っていたとも言われています。

残念ながら今年は曇り空のお天気となってしまいましたが、昼食時に、お月見にちなんだ行事献立を提供しました。 うどんは麺にこしのある讃岐うどんを使用しています。また、カロリーや蛋白質を上げるため、見た目が似ているくわい入りつくねを里芋の代用としました。

患者用

・月見うどん
・くわい入りつくね 付)大根の土佐煮
・お月見デザート

e2014090801.jpg
e2014090802.jpg
キザミ
e2014090803.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
476Kcal 22.4g 10.4g 3.5g

職員用

・月見うどん
・くわい入りつくね 付)大根の土佐煮
・お月見まんじゅう

e2014090804.jpg
職員用献立

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
601Kcal 26.1g 10.5g 4.5g

デザート

行事食の単体品として、患者様にはお月見ゼリー、職員の皆様にはお月見まんじゅうを提供しました。
お月見ゼリー
夜空をイメージしたぶどうのゼリーに、月を見立てたみかんゼリーを浮かばせ、立体感を持たせた見た目にも楽しいゼリーです。

e2014090805.jpg
お月見ゼリー

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
46Kcal 0.0g 0.0g Tr(極微量)

お月見まんじゅう
黄色いまんじゅうをお月様に見立て、うさぎが餅をついている様子が刻印されています。餡は口どけの良いこしあんを使用しています。

e2014090806.jpg
お月見まんじゅう

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
91Kcal 1.5g 0.3g 0.0g

2014年8月13日(昼)患者用、職員用

主菜 焼きそば(患者用)
夏祭りの屋台をイメージして、少し濃厚な焼きそば専用の液体ソースを使用しています。少しでも夏らしさが表現でき、味わって戴きたく提供しました。

主菜 冷やし中華(職員用)
職員の方には、5種類の具材を乗せボリューム感をもたせた冷やし中華を提供しています。具材の中でもわが施設では、ロースハムではなく焼き豚を乗せているのが特徴です。

副菜 焼売
普通の焼売2つと枝豆入り焼売1つです。枝豆入り焼売は夏をイメージして取り入れてみました。

汁物 中華スープ
ナルトときくらげの中華スープです。きくらげは夏が旬な食材です。中国では血液に栄養を与える漢方食材として取り扱われています。

果物 オレンジ
さっぱりとした酸味と甘みを、食後のデザートとして提供しました。

患者用

・焼きそば
・焼売
・中華スープ
・オレンジ

e2014081301.jpg
e2014081302.jpg
キザミ
e2014081303.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
597Kcal 19.7g 24.4g 2.3g

職員用

・冷やし中華
・焼売
・中華スープ
・オレンジ

e2014081304.jpg
職員用献立

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
543Kcal 22.4g 10.6g 4.9g

2014年8月8日(昼)患者用

主菜 夏野菜カレー(常食を摂取されている患者様用。形のみ)
この暑い時期は食欲が落ちてしまいがちですが、スパイシーな香りと隠し味でコクを出し、少しでも食欲が進むよう、鶏の挽肉と茄子やピーマンの夏野菜を煮込んでマイルドな辛さに仕上げたカレーです。お年寄りにも食べやすく工夫しています。

主菜 夏野菜のトマト煮(全粥食から分粥食、治療食を摂取されている患者様用)
全粥食からは、カレーと同じ具材を使用して、トマトソースで軟らかく煮込み、胃への負担を踏まえ酸味を抑え、マイルドに仕上げて、食べやすくしてあります。

副菜 キャベツサラダ
ボイルしたキャベツと玉ねぎ、ロースハムを加えフレンチドレッシングで和えています。白が基調の彩りに仕上げました。

デザート フルーツヨーグルト
アロエフルーツとヨーグルト、砂糖を合わせ、少し甘めに仕上げることで、主菜のアクセントとして提供しました。

薬味 福神漬け、らっきょう(全粥食はのり佃煮)
福神漬け、らっきょうはカレーの付け合せの定番です。箸休めとして提供しました。のり佃煮も同様です

常食の患者用

・ごはん
・夏野菜カレー
・キャベツサラダ
・フルーツヨーグルト
・福神漬け、らっきょう

e2014080801.jpg

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
670Kcal 22.4g 24.2g 3.0g

全粥食から分粥食、治療食の患者用

・ごはん
・夏野菜のトマト煮
・キャベツサラダ
・フルーツヨーグルト
・のり佃煮

e2014080802.jpg
e2014080803.jpg
キザミ
e2014080804.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
501Kcal 17.6g 17.5g 2.1g

2014年7月29日(昼)土用丑の日献立 患者用、職員用

土用丑の日とウナギの関係
夏の土用の時期は暑さが厳しく夏ばてをしやすい時期でもあり、食事も淡白になりがちで、昔から「精の付くもの」を食べる習慣がありました。精の付くものとしては「ウナギ」も奈良時代頃から有名だったようで、当時からウナギの栄養価が認められていたようです。また、この時期は昔から食養生のならわしがあったようで、土用ウナギという風習に結びついたとされています。

今のように土用にウナギを食べる習慣が一般化したのは、幕末の万能学者として有名な平賀源内が、夏場にウナギが売れないので何とかしたいと近所のウナギ屋に相談され、「本日、土用丑の日」と書いた張り紙を張り出したところ、大繁盛したことがきっかけだと言われています。丑とうなぎの「う」が一緒だったからでしょうか?

丑の日とウナギの関係ですが、丑の日の「う」からこの日に「うのつくもの」を食べると病気にならないと言う迷信もあり、「ウナギ」もこれに合致した食べものであったと言われています。

別の説では、十二支のうち「丑辰未戌」の4つが五行説の「土」に配当されているため「土用丑の日」となったとも言われています。

そんな土用丑の日にちなんで7月29日は病院でもウナギを主皿として提供しました。

患者用

・ごはん
・ウナギの三色盛り
・焼き茄子
・奈良漬け(瓜)
・豆腐と大葉の清まし汁

e2014072901.jpg
e2014072902.jpg
キザミ
e2014072904.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
482Kcal 20.4g 12.5g 3.0g

職員用

・ごはん
・ウナギの蒲焼
・焼き茄子
・奈良漬け(瓜)
・ほうれん草としいたけの味噌汁

e2014072904.jpg
職員用献立

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
675Kcal 29.4g 12.5g 4.8g

2014年7月7日(昼)七夕献立 患者用

古くは、「七夕」を「棚機 (たなばた)」や「棚幡」と表記したといわれています。これは、そもそも七夕とはお盆行事の一環でもあり、精霊棚とその幡を安置するのが7日の夕方であることから7日の夕で「七夕」と書いて「たなばた」と呼ばれるようになったそうです。

元来、中国での行事であったものが奈良時代に伝わり、元から日本にあった棚機津女(たなばたつめ)の伝説と合わさって生まれた言葉でもあるそうです。

そのほか、牽牛と織女の二星がそれぞれ耕作および蚕織をつかさどるため、それらにちなんだ種物(たなつもの)・機物(はたつもの)という語が「たなばた」の由来とする説もあるようです。

そんな七夕の日にちなんで7月7日は病院でも行事食を提供しました。

患者用

・山菜と湯葉のごはん:行事食らしく混ぜご飯にて提供
・鯵の梅しそソースかけ:旬な鯵に小麦粉をまぶして焼きさっぱりとした梅のソースをかけて提供
・冬瓜と鶏肉の旨煮:夏野菜の冬瓜を鶏肉と煮て花人参・いんげんを添えて提供
・そうめん汁 オクラのせ:そうめんを天の川にオクラを星に見立てて提供
・七夕デザート:ブドウのゼリーの上に天の川をイメージした型抜きのみかんゼリーをのせて

e2014070701.jpg
e2014070702.jpg
キザミ
e2014070703.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
567Kcal 29.2g 10.5g 2.6g

デザート

行事食の単体品として、七夕デザート(30g)の成分。

e2014070704.jpg
七夕デザート

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
26Kcal 0.0g 0.0g 0.0g

2014年5月5日(昼)こどもの日献立 患者用

今日はこどもの日。端午の節句なので、それにちなんだ行事献立を提供しました。

患者用

・山菜わかめうどん
・くわい入りつくね 付)筍の土佐煮
・菜の花の錦糸和え
・こどもの日デザート

e2014050501.jpg
e2014050502.jpg
キザミ
e2014050504.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
372Kcal 16.6g 3.4g 4.2g

デザート

行事食の単体品として、患者様にはこどもの日デザート、職員の皆様には柏もち(白・粒あん)を提供しました。

e2014050504.jpg
こどもの日デザート

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
92Kcal 0.0g 0.0g 0.1g
e2014050505.jpg
柏もち(白・粒あん)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
197Kcal 6.4g 0.5g 0.0g

2014年4月1日(昼)お花見献立 患者用

そろそろ桜の季節となり、病室にいる患者様に少しでもお花見気分を味わって戴きたく、このような献立を提供しました。

患者用

・桜ちらしずし
・えびサンドと筍の炊き合わせ
・清まし汁
・豆乳プリン

e2014040101.jpg
e2014040102.jpg
キザミ
e2014040103.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
470Kcal 15.3g 7.8g 2.8g

ある日の献立例1

・山菜うどん
・くわい入りつくねと筍の煮物
・菜の花の錦糸卵和え
・フルーツヨーグルト

e2014030701.jpg
e2014030702.jpg
キザミ
e2014030703.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
381Kcal 18.6g 4.9g 4.8g

ある日の献立例2

・ごはん
・親子煮
・キャベツのクルミ和え
・白花豆
・味噌汁

e2014031001.jpg
e2014031002.jpg
キザミ
e2014031003.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
570Kcal 22.9g 14.3g 3.2g

ある日の献立例3

・グリンピースごはん
・お刺身盛り合わせ
・里芋の黒ごまかけ
・味なす
・味噌汁

e2014031201.jpg
e2014031202.jpg
キザミ
e2014031203.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
556Kcal 24.3g 10.1g 4.1g

ある日の献立例4

・ごはん
・さんまの煮付け
・ビーフンソテー
・梅干し
・清まし汁

e2014031701.jpg
e2014031702.jpg
キザミ
e2014031703.jpg
ミキサー(ソフト食)

エネルギー 蛋 白 質 脂   質 食塩相当量
581Kcal 20.2g 19.6g 2.8g

HOME

PAGE TOP